212-677-8621 info@crsny.org

Eventsを読み込み中
本当の自分を思い出す。
他者のなかに自分自身を見出す。
自らの愛と創造力を世界と分かち合う。

« All Events

  • このeventは終了しました。

映画 リーディング – エドガーケイシーが遺した、人類の道筋- 1 pm

1月 19日 @ 1:00 pm - 2:40 pm

| $15

Organized by: Senko Nishimura

日本では全国規模での自主上映会がなされ、どこも満員御礼になるほどの、とても話題になっている映画「リーディング - エドガーケイシーが遺した、人類の道筋」を上映します。
ホリスティック医療の父 と呼ばれるエドガーケイシ―が遺した数々の偉業が今、明かされます。

映画紹介:
テロ、犯罪、対立、そして数多くの病・・・。

今、世界を見回すと、人心の荒廃を表すような事件や心を惑わされる出来事が数多く起き、多くの人が病にかかり亡くなっている。
混沌とし、荒廃した時代を生き抜く現代人にとって、映画『リーディング〜エドガー・ケイシーが遺した人類の道筋〜。』は大いに考えさせられる内容となるだろう。
「二十世紀最大の奇跡の人」と称せられるエドガー・ケイシーの“リーディング”は、病の原因に一人一人の生き方、生活の仕方が関連していると指摘する。またそれは潜在意識下に蓄積している過去の行い(カルマ)とも繋がりがあるという。
「蒔いた種は必ず刈り取らなければならない」

最先端科学の量子論では、全ての思考、感情、感覚、行動は「アカシックレコード」と呼ばれる情報場に記録され続け、どんな行い(カルマ)も量子レベルで保存され、そしてその情報はたとえ現世で肉体を失ったとしても潜在意識に埋め込まれ、来世まで受け継がれていくのだという。
エドガー・ケイシーが行った“リーディング”では、相手を理解し、受け入れ、赦し、愛と祝福を送ることで潜在意識に埋め込まれた情報を書き換えることができると指摘する。 我々の生き方に「恩寵」つまり思いやりを持つことが大切になっていくのだ。
カルマを超えた更なる進化を遂げることが出来るか否かは今後の一人一人の気づきにかかっている。

映画『リーディング』は新時代の生き方に新たな目覚めを促すことになるであろう。

ストーリー :
ホリスティック医学(全体的医療)の原点といわれるエドガー・ケイシーは、催眠状態に入ると相手がどこにいても、その肉体を透視し、病気の原因やその治療法を的確にリーディングする(述べる)ことができた。

彼がリーディング中に語るその知識は医学のみならず、たとえ宇宙についての質問でも答えることが出来たと言う。いったいこの驚くべき才能はどの様に生まれ、培われたのか。神はなぜこの不思議な能力をケイシーに託したのか?!

現代人の抱える病をモチーフにし、日本エドガー・ケイシーセンター会長の光田秀氏らとともに、ケイシーの半生と彼が遺したリーディングの謎に迫っていく。

Tickets : $15 ( Cash at the door) or Credit card pay will charge $16
席に限りがございますので、必ずご予約下さい。
ask : inoriforearth@gmail.com ( Senko)

Eventsカテゴリー:

Details

Event Date:
1月 19日
Event Time:
1:00 pm - 2:40 pm
Cost:
$15

Organizer

Senko Nishimura

会場

CRS (Center for Remembering & Sharing)
123 4th Ave, 2nd Fl
New York, NY 10003 United States
+ Google マップ
電話番号:
212-677-8621
Web サイト:
https://jp.crsny.org