212-677-8621 info@crsny.org

本当の自分を思い出す。他者のなかに自分自身を見出す。自らの愛と創造力を世界と分かち合う。

本当の自分を思い出す。

他者のなかに自分自身を見出す。

自らの愛と創造力を世界と分かち合う。

アート展覧会

CRSギャラリー

2階ロビーにて、様々なヴィジュアル・アートを展示しています。CRSを訪れる方々が心を和ませ、新人や著名なアーティストの方々がアートワークを分かち合える場として、ご利用くださっています。2004年創立以来、絵画展、写真展、ファイバー・アートや陶器、小さな彫刻作品の展覧会などを行ってきました。これまで展示された作品のテーマは、スピリチュアリティや自然、女性の権利や人権問題、子育て等、折に触れ、純粋に美を追求した作品も展示しています。

アーティストのほとんどがCRSコミュニティの方々ですが、初めての展覧会の方から、美術館に作品を持つ方、日本より出展の方など、さまざまです。これまで広島平和記念資料館からの作品を含め、Lex Braes (Felix Ringel Galerie, Düesseldorf, Germany) 、Eric Holzman (NEA & Guggenheim grantee)、写真家の白井里美  (東京都美術館 Photography permanent collection) 、Annie Ling (The National Museum of Iceland permanent collection)、Chris de Boschnek (C24 Gallery, NYC) 、Keiko Nelson (Epcot Center, Fine Arts Museum of San Francisco)など多数のアーティストの作品を展示してきました。

写真上はClouds AO の展覧会が行われた二階ロビー、写真下はSetsuhi Shiraishiによるライブ・パフォーマンス。

CRSディレクター:クリストファー・ペルハム
CRSアシスタント・ディレクター:坂本悦子
CRSギャラリー・ディレクター:西村理恵

CRS Lobby with installation by Clouds AO

お申し込み方法

CRSでの作品展示にご興味がおありの方はメールにて下記の内容を明記してお申し込み下さい。
① ポートフォリオのリンク先、または数点の作品イメージ(フォーマットはjpgs でお願いします)
② バイオグラフィ
③ 履歴書
④ アーティスト・ステイトメント
⑤ CRSでの個展でご自分がどのような作品をどのように展示したいか、という具体的な内容

メールでのお申し込み後、選考させて頂き、CRSでの展示が可能と判断したアーティストに順次連絡をさせて頂きます。
CRSのロビーはとても小さいスペースですので、縦の長さが40インチ以上のものは展示されるのには相応しくありません。
オープニングレセプションをご希望の方は、担当者と日程を調整のうえ、日時を決めて頂けます。
作品展示はアーティストの責任でお願い致します。ロビーに置く値段表や、アーティスト、作品の説明など、必要なディスプレイはご用意下さい。
スケジュールにより異なりますが、約2ヶ月の展示期間となります。搬出後展示の際に付いた釘などの壁のダメージもアーティストの責任で元通りにして頂く必要があります。
以上の条件をご理解のうえ、ご応募お待ちしております。

いままでの個展

CRSギャラリー展示アーティスト