212-677-8621 info@crsny.org

本当の自分を思い出す。他者のなかに自分自身を見出す。自らの愛と創造力を世界と分かち合う。

本当の自分を思い出す。

他者のなかに自分自身を見出す。

自らの愛と創造力を世界と分かち合う。

アート展覧会

CRSギャラリー

2階ロビーにて、様々なヴィジュアル・アートを展示しています。当ギャラリーでは、CRSを訪れる多くの方々が心を休め、作品からインスピレーションを受け取られることを目指しています。新人から著名アーティストのアートワークを分かち合える場としてご利用いただいています。
2004年創立以来、絵画展、写真展、ファイバー・アートや陶器、小さな彫刻作品の展覧会などを行ってきました。展覧会用に選ばれる作品の主なテーマは、スピリチュアリティや自然、女性の権利や人権問題、育児、創作活動のプロセスなどです。毎回、アーティストの方とともに、CRSにお越しになる方々にとって最適と思われる作品を選ばせていただいています。

アーティストのほとんどがCRSコミュニティの方々ですが、初めての展覧会の方から美術館に作品を持つ方、日本から出展する方など、さまざまです。これまで広島平和記念資料館からの作品を含め、Lex Braes (Felix Ringel Galerie, Düesseldorf, Germany) 、Eric Holzman (NEA & Guggenheim grantee)、写真家の白井里美  (東京都美術館 Photography permanent collection) 、Annie Ling (The National Museum of Iceland permanent collection)、Chris de Boschnek (C24 Gallery, NYC) 、Keiko Nelson (Epcot Center, Fine Arts Museum of San Francisco)など多数のアーティストの作品を展示してきました。

写真上はClouds AO の展覧会が行われた二階ロビー、写真下はSetsuhi Shiraishiによるライブ・パフォーマンスより。

CRSディレクター:クリストファー・ペルハム
CRSアシスタント・ディレクター:坂本悦子
CRSギャラリー・ディレクター:西村理恵

ニューヨークでの個展をお考えのアーティストに、CRSでの展示が素晴らしい機会となりますことを願っております。
下記、お申し込み方法をお読みの上、たくさんのアーティストからのご応募をお待ちしています。

CRS Lobby with installation by Clouds AO

お申し込み方法

CRSでの作品展示にご興味がおありの方はメールにて下記の内容を明記してお申し込み下さい。
① ポートフォリオのリンク先、または数点の作品イメージ(フォーマットはjpgs でお願いします)
② バイオグラフィ
③ 履歴書
④ アーティスト・ステイトメント
⑤ CRSでの個展でご自分がどのような作品をどのように展示したいか、という具体的な内容

メールでのお申し込み後、選考させて頂き、CRSでの展示が可能と判断したアーティストに順次連絡をいたします。
展示スペースのレンタル料は$600、展示期間は1〜2ヶ月の間でお選びいただけます。作品が購入された場合は、価格の30%を手数料としてお支払い頂きます。
CRSのロビーは小さなスペースですので、縦の長さが30〜36インチ以下のサイズ、また小さめの作品がスペースに相応しいです。
オープニングレセプションをご希望の方は、1時間$128にてお部屋を貸し出ししています。通常、土曜日の午後6時〜8時に行われます。レセプションで提供されます飲み物やスナック、お皿やカップなどは全てアーティストご自身にご用意頂きます。

作品の展示はアーティストの責任でお願い致します。ロビーに置く値段表や、アーティストステートメント、作品の説明などをご用意下さい。
搬出後、展示の際に付いた釘などの壁のダメージはアーティストの責任で元通りにして頂くようお願いしています。
※CRSロビーは、沢山の人で賑わうことがあり作品へのダメージが起こる可能性があります。細心の注意を払っておりますが、作品へのダメージ等についての責任はCRSでは一切負いかねます。

以上の条件をご理解のうえ、ご応募をお待ちしております。

いままでの個展

CRSギャラリー展示アーティスト