212-677-8621 info@crsny.org

Eventsを読み込み中
本当の自分を思い出す。
他者のなかに自分自身を見出す。
自らの愛と創造力を世界と分かち合う。

« All Events

  • このeventは終了しました。

森のいのちが色になる、うさと服。 展示会+トーク

3月 10日 @ 11:30 am - 5:00 pm

Organized by: Senko Nishimura

森のいのちが色になるんだ。

藍染めも草木染も、酸化を利用して色を出していく方法です。お天気の良い早朝に染めるのは、大気中の酸素量が一番多いのが晴天の朝だから、朝には朝しかできない大切な仕事があるんだ。草木にはどんな効果があるのか、いつ染めたらよく染まるのか、自然のパワーを村人たちは本当によく知っています。

仕事も暮らしも、何もかもが自然のリズムのまま。 時間の流れがゆっくりだと、目が細部にまで行き届きます。布も、ゆったり織られていきます。そうしてできた布は、身に着けた人をもゆったり、優しい気分にしていくのではないでしょうか。

手で育て、手で集め、手で紬ぎ、手で染め、手で織る・・・・

自然のパワーにはたくさんの手間隙がプラスされ、暮らしの中で大切に「育まれる」布を目の当たりに、ぼくはますます手の力に魅了されていました。

以上、「あいをよる おもいをつむぐ」  さとう うさぶろう著より 抜粋

染める材料は、藍をはじめ、マンゴーの葉、黒檀の実、紫檀の木、草花たち。
藍の成分には、虫よけ効果があるそうです。
マンゴーの葉にも皮膚の老化防止作用などが発見されているようです。
多くの草木染めには薬効成分があるのは素晴らしいことです。

いのちのかたまりのような服。

うさと服は、麻、綿、シルク、そして、それに染めこまれた草木の色や成分によって、服そのものが生きているといってもいいかもしれません。
私たちは、食べることで、その他の生物たちのエネルギーを頂き、共有しているそうです。
生きていると言っても過言でない服を着用すると言うことも、森のいのちを共有するということなのかなぁと思います。

そんな服、「うさと服」の展示会を行います。

今回のうさと展では、デザイナーさとううさぶろう氏も一緒に会場にてお待ちしております。うさと服が出来上がるまでの経緯、うさぶろう氏ご自身のことなどのお話会も設けていますので、お気軽にいらして下さい。

March 10 Sun

11:30 – 12:30 Mr. Usaburo’s talk 2 Floor
12:00pm – 5pm Exibition Whiteroom 3 Floor

Eventsカテゴリー:

Details

Event Date:
3月 10日
Event Time:
11:30 am - 5:00 pm
Event Registration:
usaato-newyork

Organizer

Senko Nishimura

会場

CRS (Center for Remembering & Sharing)
123 4th Ave, 2nd Fl
New York, NY 10003 United States
+ Google マップ
電話番号:
212-677-8621
Web サイト:
https://jp.crsny.org