212-677-8621 info@crsny.org

Loading Events

« All Events

  • This event has passed.

第1回 映画「蘇生」上映会と有用微生物群 EM菌のお話会

June 25日, 2016 @ 12:30 pm - 2:45 pm UTC+0

$20

映画の内容
映画の中では、放射能汚染されてしまった地球を蘇らせる、有用微生物の力に注目しています。
その中で、EM(有用微生物群)にも着目し、開発者である比嘉照夫先生も映画の中に出演されています。
“琉球大学名誉教授比嘉照夫農学博士は、
乳酸菌、酵母菌、光合成細菌を中心とした有用な微生物群の研究を続けている。
その有用な微生物の集合体が、環境問題、食糧問題、健康問題の解決策として
大いなる可能性を秘めていることがわかってきた。
他にも、様々な研究者達の研究成果からみる微生物の蘇生能力から、今、地球規模で抱える汚染問題の解決策を探る。
2011年福島原発事故以降、隠され続けている放射能の現実。
語ることも憚られ、もうあの出来事は無かったかのように振舞い始めている現代日本・・・。
本当にそれで良いのか!?
何もせずにいていいのか!?
度重なる大型台風、洪水、干ばつ、大雪、雹・・・。
おかしくなり始めている地球の気象。
海の異変、山の異変、大気の異変。
私たち大人には、子孫の未来への責任がある。
私たちは、今、何をなすべきなのか。
そんな問いかけがこの作品から聞こえてくる。
白鳥監督の思い、
それは福島から始まった。
2011年5月、短編映画「フクシマ」の撮影で福島県へ。
ガイガーカウンターの数値は、美しい景色とは裏腹に、現実の厳しさを物語っていました。
私達人類は地球に対して、大変なことをしてしまっている。
そう実感しました。
どうすれば良いのか?
何をすれば良いのか?
その答えを探し求めていたときに、「微生物による蘇生」を知ったのです。
そこから、希望の道筋への探求が始まりました。調べれば調べるほど、実際に微生物によって放射能問題が克服されているだけでなく、他の様々な環境問題の解決の糸口となる知恵と技術が日本にあることがわかってきました。
今、人類は想像を絶するスピードで、大気や海、山、川を汚染し続けています。そして、この地球に生きる多くの生命を奪い続けているのです。種を根こそぎ絶滅させる勢いで破壊を繰り返しています。
「自分さえよければいい」「人間さえ良ければいい」
どこへ行っても、お金・・・紙切れ(紙幣)と金属(コイン)のために、
72億を超える人間たちが暴走を続けています。
私たち人間は、人間だけでは生きていかれません。
動物や植物、空気、水・・。全ては命の「恩送り」で繋がっているのです。
その事を無視して突き進むことは、自滅を意味します。
なぜなら「いのち」のバトンは、受け取るだけでなく、与えることで成り立っているからです。捧げあうことで成り立っているのです。
そんなことを思い出していただきたい・・・。
そして、後から続く子孫たちのためにも、全ての生命が共存出来る地球にしていきたい・・・。
ひとりひとりが、それぞれの立場や考えに固執してお互いを攻撃しあって対立する前に、この地球に育んで頂いている家族の一員として、尊重し合って、助け合って生きる喜びを分かち合いたい・・・。
そんな想いからこの作品が生まれました。
この地球に生を受けた一地球生命体として、共に地球蘇生へ向けて行動していきましょう。
有用微生物群 EM菌についての説明と活用法解説者:Terry Satoさん
Indian Point nuke power plant の現状解説者:今川 歩美さん

映画トレーラー

 

 

Events Category:
Events Tags:
, ,

Details

Event Date:
June 25日, 2016
Event Time:
12:30 pm - 2:45 pm
Cost:
$20
Event Registration:
http://bit.ly/1SY91SD

Organizer

CRS (Center for Remembering & Sharing)
Phone
212-677-8621
Email
info@crsny.org
View Organizer Website

Venue

CRS (Center for Remembering & Sharing)
123 4th Ave, 3rd Fl
New York, NY 10003 United States
+ Google Map
Phone
212-677-8621
View Venue Website