「WEDNESDAYS AT NOON」 ミュージックビデオシリーズ

現在、CRSでは、大勢のみなさまと直接会場にて集まることには、まだ細心の注意をしています。みなさまとお会いできるそれまでの間、新しいプロジェクト、「WEDNESDAYS AT NOON」 ミュージックビデオシリーズを立ち上げました。
どうぞ、オンラインにてお楽しみ頂ければ幸いです。

2021年11月3日から毎週、CRSからFacebookYouTube.でミュージックビデオを配信いたします。このシリーズは、主にアジアおよび中東出身またはその文化を受け継ぐミュージシャンやダンサーとの類まれなコラボレーションであり、クリエーティブな実験を試すプレイグランドのような要素を含んでいます。作品には、作曲・振付、即興演奏が組み入れられ、伝統と現代の境目に焦点を合わせます。

毎週水曜日の午後12時にライブチャットに参加してください。その後いつでもビデオをオンデマンドで視聴できます。

今月11月は、CRSキュレーターのgamin (米国で最も韓国の伝統的な木管楽器奏者)とベリークイーンの共同創設者であるKaeshi Chai(47の州と38ヵ国で指導または演奏)による4つの世界初の即興演奏でシリーズを開始します。そのうちの2つは、伝説的なフルート奏者Premik Russell Tubbs(Carlos Santana、Sting、John McLaughlin、Lady Gagaなど)によるものです。

こちらをクリックすると、サイトに飛びます。FacebookYouTube.