Category:

ちいさなスペースを生かした、作品との親密なコミニュケーションの場を。

2004年のオープニングより今日に至るまで、絵画や写真、ファイバー・アート、セラミック・アートなど、CRSでは様々なアーティストの作品をご紹介して参りました。
アーティスト達は皆、CRSでの瞑想会、ヒーリング・クリニック、各種クラスなどに参加、または個人セッションを受けていらっしゃるなど、CRSと深いつながりのある方々です。

CRSでの展示が人生初の個展となるアーティストから、すでに数々のギャラリーで作品を紹介され、何度も個展を開催しているベテランにいたるまで、アーティスト自身の経歴も様々です。
作品展示のスペースは限られていますが、ここでの展示が、アーティスト達のそれぞれのレベルでの、新たなるステップアップの機会としていただけるよう、アーティストと観客のコミュニケーションの場を設ける、ワークショップの開催、CRS ヒーラーによる作品リーディング(作品の感想を述べるのではなく、作品の持つスピリチュアルなエネルギーを読み、それをお伝えします)等々、CRSならではの企画を提案しております。
現在、CRSでの展示に料金は必要ありません。作品販売の手数料、紹介料なども頂いておりません。ただし、作品の搬入、展示、搬出等のすべての作業は、アーティストご自身の手によって行ってくださるようお願いしています。

CRSでの作品展示にご興味がおありの方はメールにて下記の内容を明記してお申し込み下さい。
① ポートフォリオのリンク先、または数点の作品イメージ(フォーマットはjpgs でお願いします)
② バイオグラフィ
③ 履歴書
④ アーティスト・ステイトメント
⑤ CRSでの個展でご自分がどのような作品をどのように展示したいか、という具体的な内容

メールでのお申し込み後、選考させて頂き、CRSでの展示が可能と判断したアーティストに順次連絡をさせて頂きます。
CRSのロビーはとても小さいスペースですので、縦の長さが40インチ以上のものは展示されるのには相応しくありません。
展示料、作品販売手数料は必要ありませんが、作品を購入ご希望の方がいらっしゃった場合はすべてアーティストの責任で、お支払い、お引き渡しなどの連絡を購入希望者と取って頂きます。
オープニングレセプションをご希望の方は、担当者と日程を調整のうえ、日時を決めて頂けます。
作品展示はアーティストの責任でお願い致します。ロビーに置く値段表や、アーティスト、作品の説明など、必要なディスプレイはご用意下さい。
スケジュールにより異なりますが、約2ヶ月の展示期間となります。搬出後展示の際に付いた釘などの壁のダメージもアーティストの責任で元通りにして頂く必要があります。
以上の条件をご理解のうえ、ご応募お待ちしております。

Philippe Halaburda (フィリップ・ハラブルダ)

Deanna Lee (ディアンナ・リー)

カサハラユーコ (かさはらゆうこ)

壹岐倫子(いきともこ)

館林 愛 (たてばやしあい)

Kozoo (かずう)

木内陽子 (きうち ようこ)

松本 泰佳 (まつもと やすか)

安倍 知子 (あべ ともこ)

白井里実 (しらい さとみ)

浅川みゆ (あさかわ みゆ)

Marvin Rosenberg (マービン・ローゼンバーグ)

Marianne Gunther (マリアン・ガンサー)

竹厚佳子 (たけこう けいこ)

鈴木裕己 (すずき ひろみ)

水上えりか (みずかみ えりか)

Brian Potter (ブライアン・ポッター)

Clouds AO (クラウズ エーオー)

Hugh Burckhardt (ヒュー・バークハード)

高井美穂 (たかい みほ)

鞍井綾音 (くらい あやね)

西村理恵 (にしむら りえ)

羽田琴美 (はだ ことみ)

紫水 (しすい)

武居京子 (たけい きょうこ)

松井由美子 (まつい ゆみこ)

星ゆき (ほし ゆき)

山田純子 (やまだ じゅんこ)

山本テオ (やまもと てお)

子田 江美 (こだ えみ)

中村 郷 (なかむら ごう)

Wada Africa (ワダ アフリカ)

Nobu (のぶ)

Merke Mutter (ミーカ・マッター)

Lilikette Eckenrode (リリケット・エッケンロード)

Lex Braes (レックス・ブラエス)

Keiko Nelson (ケイコ・ネルソン)

Katherine Abegg (キャサリン・エィベッグ)

Hans Gullickson(ハンス・グリクソン)

Gustavo Curi (グスタボ・キュリ)

Fred Hatt (フレッド・ハット)

Eric Holzman(エリック・ホルズマン)

Chris de Boschnek (クリス・デ・ボシュネック)